人気の投稿

2018年6月16日土曜日

iPhoneでテレビを見る! ピクセラのフルセグチューナー Xit Stick レビュー♪

 

リモート視聴を楽しむためには、そもそもiOSデバイスのほかにレコーダーを手に入れる必要がある。リモート視聴の機器設定は今ではずいぶんと簡単になっているが、自宅レコーダーからインターネットを経由してスマホで受けるストリーミングのためのパケット通信費用がかかる。

リモート視聴のメリットは、大事なスポーツの試合の模様がリアルタイムに追えること。国内3大キャリアのLTEネットワーク品質は現在、地下鉄や高速移動する新幹線の中までつながるほど整備されているので、iPhone/iPadを使っていつでも・どこでもテレビを楽しめる環境は確保されている。そして最近は10GB以上の大容量データを毎月使える通信プランの料金も、少しずつ手頃になってきた。

頻繁にテレビを見ることがなくても、特別なスポーツシーズンにはリモート視聴ができる環境は重宝する。また、レコーダーによるリモート視聴では、BS/CS放送が見られることも強みだ。

レコーダーに録りためたコンテンツをiPhoneやiPadに「持ち出し」して見る方法は、パケット通信料金の負担はかからないものの、生放送のリアルタイム視聴には不向きだ。同様にTVerのようなWebを使ったテレビ番組のキャッチアップサービスもあるが、こちらも同じく放送終了後のドラマやバラエティ番組のフォローがメイン。しかも、外出先で見るならパケット通信の負担を考えなければならない。

以上のことを考えると、ピクセラ「XIT-STK200」のようなポータブルチューナー製品は、地デジの放送をフルセグ/ワンセグで、インターネット通信費用を気兼ねせずに楽しめ、本体がコンパクトで持ち歩きやすい。

■設定から視聴が簡単

それでは今回ピクセラからお借りした「XIT-STK200」をハンドリングし、使い勝手を検証してみよう。はじめに機器のセットアップを行ったが、これはもう長々と説明する必要がないほど簡単。まずApp Storeから視聴アプリ「Xit」をiOS端末にインストールして、Lightning端子にチューナーを接続。住まいの地域に合わせてチャンネルスキャンをするだけでテレビ番組の映像がiPhoneの画面に映った。


2回目の接続・使用以降は、XIT-SKT200の本体をLightning端子に挿すと自動的にデバイスが認識されてアプリが立ち上がる。テレビは簡易な録画にも対応するが、あくまで現在視聴中の番組のクリッピング程度に使える機能だ。アプリをシャットダウンしたり、ほかのアプリに切り替えると、視聴と録画がともに終了する。

XITは基本的に全画面で使うアプリだが、iOS11以降のiPadの場合は、先にXITアプリを立ち上げてから「Slide Over」機能を使い、XITアプリの前面にもう一つのアプリを表示させることができる。つまりテレビを見ながらツイートしたり、Web検索やメールができるということだが、XITアプリが「Split View」機能には非対応なので、ストリーミング中の番組画面の上にもう一つのアプリが覆いかぶさることになって、やや見づらい。■屋外・屋内で受信感度は?

外付けテレビチューナーの弱点は電波の受信感度にあると言われている。フルセグ放送は映像が高精細なぶんだけデータ量も多い。受信エリアも限られている。フルセグ放送に比べて画質には劣るものの、機器にとってはより受信の負担が少ないワンセグ放送と自動的に切り替えながら電波を受信する機能は、多くのポータブルチューナーが備えている。フルセグ/ワンセグチューナーを搭載するスマホなどモバイル端末も同様だ。

電車と路線バスで移動しながら、XIT-SKT200をiPhone Xに接続して視聴してみた。フルセグ放送についてはおおむね受信感度は良好。iPhoneで高品位なテレビの映像が見られるのは快適だ。ラッシュアワーの時間帯も、たまに電波が途切れることがあるぐらいで、アンテナ感度は安定していた。バスの中も同様、あるいは電車の中と同じぐらいしっかりと見られる。

ワンセグの場合、12.9インチのiPad Proではやはり映像は粗く見える。XIT-STK200は電波の受信感度を上げるためにロッドアンテナを本体側面に搭載しているが、最大限引き伸ばしてみても結果は大きく変わらなかった。ワンセグ放送の受信はそこそこ安定している。

■最新iPhoneではワイヤレスイヤホン・ヘッドホンの使用がマスト

音声については、Lightning端子しか持たないiPhone 7以降のiPhoneと一緒に使う場合、Bluetoothイヤホン、またはヘッドホンの用意がマストになる。Lightning端子に接続して音楽を聴きながらiPhoneを充電できる「Belkin Lightning Audio+ Charge Rockstar」をあいだに介して視聴できるか試してみたが、XIT Stickを外部機器として認識してくれなかった。

なお視聴中、チューナーへの給電はスマホから行うことになる。iPhone XでXitアプリを起ち上げ、全画面表示にして2-3分ほどフルセグ放送を見たら、バッテリーゲージが1%ほど減っていた。1時間以上のドラマやバラエティ番組を見る前にはiPhoneの充電を心がけたい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 秋葉原情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村
コメントを投稿