人気の投稿

2016年6月29日水曜日

AKG「Y20/Y20U」レビュー:AKGらしいサウンドが魅力の入門イヤホンの決定版

AKG
AKG「Y20/Y20U」レビュー:AKGらしいサウンドが魅力の入門イヤホンの決定版
楽天最安値!
お買い得商品!!
 
楽天最安値!
お買い得商品!!

AKGらしいサウンドクオリティを追求した、入門イヤホンの決定版
オーストリアの名門ブランド・AKGのなかでも若者向けラインに位置付けられ、人気を博しているイヤホンが「Y20/Y20U」だ。AKGのエントリーイヤホンの伝統として高性能8mmダイナミック型ドライバーを搭載。音楽好きで、上質なデザインのプロダクトを求める若者にアピールするYシリーズらしいスカンジナンビアンデザインで、超小型ながら有機的なカーブを描く美しいデザインが特徴となっている。

「Y20」と「Y20U」の違いはリモコンの有無。リモコンなしの「Y20」はブラックとホワイト、1ボタンリモコン付きの「Y20U」はイエロー、ティールブルー、ブラック、ライトグレーの4色を展開する。音質に大きな差はないので、カラーやリモコンの有無で選んでもいいだろう。

ヌケ良くナチュラルで、空間再現に優れたサウンド

まず、三代目J Soul Brothersによる『R.Y.U.S.E.I』を聴くと、気持ち良く安定感・リズム感豊かに刻む重低音と、エッジの立った男性ボーカルの鳴り、そしてピアノの響きの素直さに感心させられる。特に高揚感のあるサウンドの曲だが、Y20Uで聴くとまさに音源の配置まで見通せるような包み込まれる音場で再現された。

ロックの音源ではKEYTALKの『桜花爛漫』をセレクト。空気感と適度な量感、ボリューム感を併せ持つドラムに、気持ち良く刻むギターの先鋭感と分離感。男性ツインボーカルの声もナチュラルだ。聴き疲れしないサウンドで鳴らすため、思い切りボリュームを上げて聴いた時の爽快感が気持ち良い。

女性ボーカルの音源は、宇多田ヒカルの『花束を君に』を。ボーカルの声をシャープに引き立て、音源の持つ空間の見通しも素晴らしく、リズム感も豊かに引き出す。

「ズートピア オリジナル・サウンドトラック」収録のShakiraの『Try Everything』のラテンなリズムも、Y20で聴けば気持ち良く空間を揺らすようなリズムを味わえるし、アコースティックギターの響きも鮮明に響かせる。
img_20140622-163418.jpg     格安オーディオは、オーディオ専門店でんき堂スクェア♪   

店長のお勧め!のホームページも宜しくね!
コメントを投稿